fx

更新日:2016/02/12

即日発行が出来るクレジットカード


今日は、即日発行が出来るクレジットカードについて簡単に紹介したいとおもいます。クレジットカードの発行は、実は、発行されるまで約二週間ほどはかかってしまうです。でも、急な用事があったり、すぐ使いたい用事があった時に、即日発行してもらいたい時がたくさんありますよね。

なので、すぐ発行してもらえるカードをご紹介します。一番のおすすめは、ACマスターカードというものです。これは、即日発行がもちろん可能ですし、なんと言っても、年会費が無料なんです。また、専業主婦を除く、全ての方が作ることが出来るのも嬉しいポイントですよね。二つ目は、セブンカードインターナショナルというカードです。

クレジットカードの即日発行:即日審査で作る方法

これは、ポイントを貯めることが出来るのです。しかも、どれだけ時が経ってもポイントは消えることなく、永久不滅なんです。三つ目は、エポスカードというカードです。これは、決められた特別なデパートで買い物をすると、ポイントが付き、また、そのポイントを使って割り引きを受けながら買い物をすることが出来ます。また、飛行機の代金にサービスがあるなど、たくさんの特典があります。カードを紹介しましたが、たくさんの方が使っていてやはり安心して使用出来るのは、三井住友VISAカードのようです。



クレジットカードとプリペイドカード

クレジットカードとプリペイドカードの相違点

クレジットカードは取得時に特にお金はかかりません。カードの種類によっては年会費がかかりますが、基本的に使った分だけ後日支払う仕組みです。これに対してプリペイドカードは取得時にお金を支払う仕組みになっています。

審査不要で発行してもらえる

クレジットカードの申し込みをすると審査が行われて、一定の基準に達している人でなければ発行されません。クレジットカードで決済した金額を、後日支払うようになっているためです。利用額が支払えなくなる可能性の高い人へは発行されないようになっています。そのため失業中の人や高校生などは持つことがほとんどできません。これに対してプリペイドカードであれば、入会審査はありません。利用額を後日支払う仕組みではないためです。

利用可能額を前払いで支払う

プリペイドカードの場合には、カードを発行する段階でお金を支払うようになっているものが多いです。支払ったお金の分だけショッピングの代金やサービスの料金支払に使うことができます。使っているうちに利用可能な金額が減って行きますが、チャージという形でお金を入金することができるようになっているプリペイドカードもあります。

【使いすぎる心配がない】
クレジットカードの場合には手元にお金がなくても、代金や料金を支払えてしまうため、つい使いすぎてしまう人も多いです。そして、後日返済に苦労してしまう人もいます。プリペイドカードも手元に現金がなくてもお金を支払えますが、カード取得の際に既に支払っている金額までしか利用できません。そのため使いすぎる心配がないというメリットがあります。また、後日返済に苦労するといったこともありません。

【現金主義の人でも気にならない】
クレジットカードを利用すると、短い期間ですがお金を借りている状態になってしまいます。お金の貸し借りを嫌う現金主義の人の場合には、これを気にしてクレジットカードを使わない人も多いです。そのため不便な思いをしてしまうこともあります。しかし、プリペイドカードなら、前払いで既にお金を支払っているため、お金を借りている状態にはなりません。そのため、現金主義の人でも、特に気にすることなく使用することができます

Vプリカ

Vプリカはインターネット上で使用できるプリペイドカードです。ライフカードが運営しているサービスであるため、クレジットカードのライフカードと両方持ち、使い分けると便利です。

VISAブランドのクレジットカードとして使える

VプリカのVはクレジットカードの国際ブランドであるVISAを意味しています。そして、VISAブランドのクレジットカードと同じように使えます。

【カード番号や有効期限が付いている】
Vプリカはパソコンの画面上で見ることができますがVISAのマークが付いているのに加えて、VISAのクレジットカードと同じようにカード番号が付いています。有効期限も通常のクレジットカードと全く同じように、月と年の順で記載されており。ネット通販などでVISAのクレジットカードとして使用することができるようになっています。

【ネット上のみで使用可能】
ネット上でお金を支払う機会は多いです。ネット通販でショッピングをした場合の他に、動画や音楽をダウンロード購入した場合には、お金を支払います。そういったときにはクレジットカード払いが主流です。手数料がかからず、瞬時に決済できるためです。銀行振込やコンビニ払いなどに対応しているサービスであっても、時間がかかってしまったり手数料を負担しなければならなくなるという理由からクレジットカード払いをする人が多いです。

そして、Vプリカはそういった場面でVISAブランドのクレジットカードとして使用することができます。そのため、クレジットカードを持ちたくない人や、持てない人から人気が高いです。Vプリカがあればクレジットカードと同じように瞬時に決済できて手数料も負担しなくて済みます。

しかしVプリカが利用可能なのは、あくまでネット上で支払をするときのみです。実店舗では使えません。というのもVプリカには実物のプラスチック製のカードが無いためです。ネット上で支払をする際には、カード番号や有効期限を入力すれば使用できますが、実店舗では実物のカードがないと使用できません。ネット上でのみ使用可能ということになります。

ニックネームで利用する

クレジットカードの場合には、カードの表面にローマ字で氏名が記載されています。Vプリカにも同じ箇所に名前が記載されていますが、本名だけではなくニックネームも使えるようになっています。

【匿名性が高い】
ネット上の有料サービスの中には、あまり信頼できないサービスも多数あります。そういった有料サービスは利用しないのがもっとも無難なわけですが、少しだけ試してみたいという人も多いでしょう。支払った対価が少額であれば、多少満足できないサービスでも、それ以降は利用しなければ済むわけです。もしかすると、非常に便利なサービスであったり、お得なサービスであったりすることもあるため、あまり信頼できないからといって、最初から利用しないのはもったいないケースも多いです。ただ、クレジットカード決済をしてしまうと、氏名を知られてしまうため、躊躇してしまう人も少なくありません。

そこでVプリカが重宝します。ニックネームを使用して支払をすることができるため、ネット上のサービスを匿名で利用することができます。そのため、ネット上の気になる有料サービスを、とりあえず少しだけ試してみることが可能になります。動画配信サービスなどでは、クレジットカード払いにすると自動更新になるところが多いですが、前払いで匿名で使用できるVプリカで料金を支払えば、そういったサイトでも安心して利用できます。

【有料サービスを提供しているサイトで名前の入力が必要な場合】
ネット上の有料サービスを利用する際にVプリカを使うのであれば、名前の入力欄にはVプリカのニックネームと同一の名前を入力する必要があります。クレジットカードと同じように処理されるため、利用者とカードの名義人が異なればエラーになってしまい支払ができないためです

アカウントを開設する

Vプリカを最初に利用する際には、まずアカウントを開設します。Vプリカの公式サイトから申し込めますが、まずメールアドレスを入力します。そうすると、URLが記載されたメールで送られて来るので、そのURLにアクセスします。そして、氏名やパスワード、秘密の質問などを入力する欄があるため、それらを埋めます。この際にニックネームの設定も行います。

コンビニで購入できる

コンビニの店内に設置されている端末を利用してVプリカを購入することができます。クレジットカードを持っていない人の場合には、この方法でVプリカを購入するのがもっともポピュラーな方法です。端末で金額を選択すると、バーコードが記載された紙が出てきます。それをレジに持って行き、選択した金額を支払います。そうするとVプリカ発行コードが記載された紙を手渡されるので、そのコードをマイページのコードの入力というところで入力します。そして、電話やSNSで認証を済ませるとVプリカが発行されます。

インターネットで購入できる

Vプリカはインターネット上の操作のみで簡単に購入できます。

【クレジットカードで購入】
クレジットカードを持っていても、あまり信頼できない有料サイトなどの料金支払にVプリカを使うことが多いです。その際にはクレジットカードを使って購入する人が多い傾向にあります。ライフカードが提供しているサービスであるため、ライフカードで購入するとスムーズに行きます。ライフカードでなくても国際ブランドがVISAかMasterCardであれば、使用できますが、手続きがやや面倒になります。購入する前にあらかじめ、マイページにおいてクレジットカードの登録が必要になります。

【インターネットバンキングで購入】
インターネットバンキングでもVプリカを購入することができますが、利用可能な銀行が限られている上に、手数料がかかってしまいます。そのため、あまりおすすめできる購入方法とは言えません。クレジットカードかコンビニのどちらかで購入するのが望ましいでしょう。

【誕生日月にライフカードでVプリカを購入してポイントを貯める裏技】
クレジットカードのライフカードは普段はポイント還元率が特に高いというわけではなく、0.5パーセントとごく普通の水準です。しかし、誕生日の月の1カ月間だけは普段の5倍になります。つまり2.5パーセントです。クレジットカードのポイント還元率としてはかなり高い数字になっています。

誕生日の月にライフカードで家電製品などの高額な買い物をする人も多いですが、ライフカードを使ってVプリカを購入することで、本来なら誕生日の月のみに受けられる恩恵をそれ以外の期間にも受けることができるようになります。これは一種の裏技とも言えます。ただしVプリカの有効期限は1年間です。ネット上の有料サービスの支払で1年間に消費できるだけの金額を購入するようにしましょう。

WebMoneyCard

WebMoneyCardはチャージをすることで、クレジットカードと同じように使えるプリペイドカードです。実物のプラスチック製のカードがあるので、インターネット上だけでなく、実店舗でも使うことができます。

MasterCardのマークが付いている

WebMoneyCardにはクレジットカードの国際ブランドであるMasterCardのマークが付いています。そのため、クレジットカードとして支払に利用すると、MasterCardブランドのクレジットカードとして処理されます。実店舗で使った場合には、レシートにMasterCardと記載されます。

アプリでチャージできる

WebMoneyCardは発行時点ではお金を払わなくても済みます。申込手続きをすると簡易書留でカードが郵送されてきます。しかし、まだ1円もチャージされていない状態であるため、そのまま支払に使用しようとしてもエラーになって決済できません。最初にチャージする必要があります。チャージをする際にはスマホアプリを使用します。また、クレジットカードと同じように裏面に署名する欄があるので、氏名を記載しておきましょう。

【クレジットカードからチャージ】
クレジットカードを持っている人は、クレジットカードでチャージすると便利です。スマホアプリで使用するクレジットカードを登録して、金額を6種類から選びます。使用できるクレジットカードの種類が限られているのと自由に金額を指定できないのがデメリットです。
《使用できるクレジットカード》

  • MasterCardブランドのカード
  • クレディセゾンが発行しているカード
  • UCカードが発行しているカード
  • auWALLETクレジットカード
  • TS CUBIC CARD

《チャージできる金額》

  • 3000円
  • 5000円
  • 7000円
  • 10000円
  • 15000円
  • 25000円

【ネットバンキングからチャージ】
ネットバンキングでチャージをすることもできます。利用可能な銀行は9行で、チャージ可能な金額はクレジットカードでチャージをする場合と同じですが、3000円のチャージだけ非対応になっています。
《利用可能なネットバンキング》

  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • じぶん銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • ゆうちょ銀行

【スマホを持っていない場合にはお店でチャージ】
スマホを持っていない場合には、auショップかネットカフェの自遊空間でチャージできます。お店の店員にチャージしたい旨を伝えてカードとお金を手渡すだけなので、簡単です。

eさいふ

eさいふは三菱UFJニコスが提供しているバーチャルプリペイドカードのサービスです。プラスチック製のカードは発行されませんが、クレジットカードと同じ桁数のカード番号が発行されて、チャージをすることでVISAブランドのクレジットカードとして使えるようになります。ただ、現在では新規の利用登録が一時的に停止されています。既に利用登録済みの利用者は、これまで通り利用できますが、これから新規で登録しようとしている人は、しばらく待たなければなりません。

ネット上で料金や代金の支払いに使える

eさいふはVプリカと同様に実物のカードがないため、実店舗では使うことができません。ネット上での決済専用のカードとして使えます。Vプリカ同様に、クレジットカード情報を知らせるのが不安な場合などに使用する人が多いです。

3種類のバーチャルカードを使い分けられる

eさいふの利用者には、異なる3種類のカード番号が与えられます。メインとして使う番号と、海外サイトを利用するときに使う番号、成人向けのサービスを利用するときに使う番号など用途によって使い分けることができます。

【eマネーを購入する】
eさいふにチャージする前段階として、eマネーを購入します。クレジットカードを持っている人はクレジットカードで購入すると便利です。以前まではコンビニでも購入できましたが、現在ではコンビニでの購入が一時的に停止されています。そのため、クレジットカードを持っていない人は、事実上eマネーが購入できない状態になっています。

【バーチャルカードにチャージする】
購入したeマネーを3種類のバーチャルカードにチャージすることで、クレジットカードと同じように、決済手段として使えるようになります。チャージした後にeマネーに戻して他のバーチャルカードにチャージすることが可能です。そのため、無駄なく使い切ることができます。





キャッシュバック機能付きのクレジットカード


クレジットカードを利用するとポイントが貯まるというのはもはや定番となっています。そんな中、キャッシュバックのクレジットカードがあるという事をご存知でしょうか、どうしてもポイントが貯まった時に、ポイントの使い道などに困ってしまうという方の場合には、キャッシュバックで現金が返ってきた方がお得という考え方を持つ方も多いので、そんな方の為に用意されたようなカードが、キャッシュバック機能付きのクレジットカードなのです。

キャッシュバックが行えるクレジットカードは、ポイントが貯まりやすいシステムとなっているのが基本で、年会費などに関しては、無料のものから有料のものまで様々です。学生専用カードなどでもこのようなカードは存在していますし、ショッピング保険などが充実しているものなどもあり、返戻金する方法なども異なる場合があるので、契約前にその方法や形式などについては各金融企業のサービスを確認しておく事が大事です。

ちなみにこのようなカードの情報は、カードのランキングサイトなどでも比較的多く紹介がされていますので、そういったサイトを参考にし、返戻金がされるカードを探すのも良いでしょうし、紹介がされているサイトなどで探すという事も可能なので、そうしたサイトなども参考にされると最良です。できるだけ多くのカードの中から、個人が利用するにあたり、得が出来ると確定できるようなカードを申し込みできるよう、慎重に選ぶのが得策です。

大正製薬グルコサミンおすすめです♪

 

グルコサミンはエビやカニなどのからに含まれるアミノ糖の一種で、体内でも作られていて、あらゆる場所で柔軟性や弾力性を保つために役立っています。しかし、年齢とともにその量は減少していくといわれています。グルコサミンは、エビなどのからを食べても体内で分解されにくく、ほとんどが吸収されません。そのため、サプリメントなどで日々補うことが大切です。大正製薬グルコサミンは、分子量が小さく、吸収されやすいと考えられている軟骨の構成成分だけを凝縮し、独自技術で溶けやすくなっています。また、一日分の摂取量が個別包装になっているため旅行や外出時に持ち歩きやすく、錠剤の数を数えなくて済み、何粒飲んだか忘れないのも便利な点です。


エビやカニなどから抽出された純度の高い安心な成分を選んで配合しているため、副作用のリスクが低く、また、大正製薬という歴史のある製薬会社で作られたサプリメントなので、安全性が確保された工場で製造されているため、信頼性も高いです。効果が高くても、金額が高く続けられないものでは効果がないに等しいのですが、大正 グルコサミンは、続けやすい価格を実現しており、毎日無理なく飲み続けられます。趣味や家事などで立ったり座ったりを繰り返したり、外回りの営業などで毎日たくさん歩いたり、ウォーキングやスポーツなどでよく体を動かす人には、これからも元気で歩いていたり、いろいろと楽しむためにも長く飲み続けてほしいです。

 



GMOクリック証券

 

GMOクリック証券というのは、非常に手数料が安いFX取引業者ということができます。

このような業者を有効に利用していくことで非常に有利な取引を行うことができるようになると言えますので、このようなところで口座開設を行うというのはおすすめできる方法と言うことができます。

FX取引というのは、非常に魅力がある取引方法です。この取引を行うときには、毎日多くの回数の取引を行うことになりますので、手数料が有利と言うことは非常に有利なことです。


安定した収益をあげていくという事を考えたときには、このような取引業者でとり引きしていくという事が必要と言えます。

少しでも有利な取引を行うと言うことを考えた時には、GMOクリック証券の口座開設を検討していきましょう。FX取引を行うと言うときには、どのような業者を利用して取引を行っていくかという事は非常に重要なことと言えます。

FX取引の場合には、毎日何度も取引を行うことになります。手数料の違いというのは、収益に大きな影響を与えるものであるため、業者選びを行うというときには慎重になる必要があります。


また、FX取引を行うときには、いろいろな情報を駆使してその取引判断をすることになりますので、少しでの有益な情報を提供してくれる業者というのは、魅力的という事ができます。

そのようなことを考えたときにはGMOクリック証券というのは、非常に魅力的な業者と言うことができます。このような取引を行うことで有利な取引を行うことができるようになると言えます。